会社案内

aboutus title

ご挨拶

弊社は創業以来、ソフトカプセルを中心に医薬事業はもとより食品業界にも幅広く活躍の場を戴き今日に至っております。幸にして皆様の暖かい御支援により、現在では我が国の医薬品・食品業界に尽きまして特異な地位を築きつつあります。
 創業当時は平板法による手作業で生産しておりましたソフトカプセル充墳も、現在では最新の自動機に切り替わり、ハードカプセル、錠剤の生産ラインも確立しております。そして小児、 高齢者へ向けた次世代の剤型「流体製剤Camsle®」、「粒子状製剤」の製造設備も完成するに至りました。
 このように、私共は独自の技術と設備により時代にあったニーズに応えるべく、国内はもとより海外へも全社を挙げて努力を重ねております。

careers photo01

   代表取締役 望月陽介

 

会社概要

名称 東洋カプセル株式会社
創業 昭和43年2月  
代表者 代表取締役 望月 陽介
所在地 本社工場/研究所
  〒418-0046 静岡県富士宮市中里東町560

富士山工場/QA & QC テクニカルセンター
  〒418-0019 静岡県富士宮市南陵7

芝川工場
  〒419-0305 静岡県富士宮市下柚野175-1

東京営業所
  〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-7-12 山本ビルディング5F
資本金 12,000,000円
従業員 280人
事業内容 医療用医薬品・一般用医薬品・栄養補助食品の開発、製造及び販売、受託加工
業 態 第1種医薬品製造販売業
第2種医薬品製造販売業
医薬品製造業
食品製造業
その他 特許:医薬品関連37件
      機能性食品関連10件

沿革

昭和43年2月 富士宮市大中里(現在本社地)にて平板法による軟カプセル製造開始
昭和43年4月 同所に於いて硬カプセル(エランコ製)の製造開始
昭和46年3月 PTP包装機の導入
昭和53年7月 厚生省行政指導によるGMP適合工場の建設
軟カプセル自動機を導入し、大量生産開始
昭和59年6月 錠剤関係への進出を図り、錠剤部門の増産体制の設備増強
昭和61年4月 芝川工場操業
平成元年2月 研究開発部門を独立させ、研究所設置
平成 7年6月 医薬品輸入販売業許可取得
平成 8年6月 医薬品販売業許可取得
平成14年4月 硬カプセル専用工場完成(本社工場)
平成14年7月 研究所、医薬品包装棟完成
平成17年4月 医薬品製造販売業取得
平成18年4月 医薬品保管棟完成
平成19年6月 医薬品製剤シームレスカプセル専用棟 本社社屋完成
平成19年7月 硬カプセル専用工場完成(芝川工場)
平成23年9月 流体製剤(camsle®)棟完成
平成26年12月 富士山工場ならびにQA&QC テクニカルセンター竣工

toyocap top logo

本社工場
〒418-0046
静岡県富士宮市中里東町560
Tel:0544-26-3682 Fax:0544-23-8165

 

Website

Back to top